« 朝青龍独走優勝と若手台頭 | トップページ | 神岡鉄道廃止へ »

2006年11月28日 (火)

横審の朝青龍批判について

朝青龍のけたぐりについて、横綱審議委員会が批判しています。
横綱として品がないということだそうです。
私は少し意見が違います。
まず1つは、決まり手にある以上、けたぐりは立派な技。
その2は、朝青龍が小兵の横綱であること。
あまりに強いので、そう感じないかもしれませんが、
小兵力士はさまざまな技で大きな相手を倒します。
極端に言えば、何でもやっていいと思います。
貴乃花や北の湖がけたぐりをやった場合と、
朝青龍や千代の富士がやった場合とでは、
やはり体格のハンディは考慮すべきかと考えます。

まあ、これは主観の問題でもありますし、
あくまでも「私はこう思う」と述べさせていただきました。
裏返せば、批判されるほど朝青龍は強いということですね(苦笑)

|

« 朝青龍独走優勝と若手台頭 | トップページ | 神岡鉄道廃止へ »

コメント

横綱審議会にデーモン小暮を入れましょう。
アホなこと言ってる委員より相撲を知ってるよ。

投稿: バナナパワー | 2006年11月28日 (火) 09時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横審の朝青龍批判について:

« 朝青龍独走優勝と若手台頭 | トップページ | 神岡鉄道廃止へ »